【2024.07】「在宅での緩和ケアとお看取り」について

今月のテーマは「在宅での緩和ケアとお看取り」について

住み慣れた家で最期を迎えたいと在宅診療をお願いしているのに、「お看取りをしてもらえなかった」「最期は救急車を呼ばざるを得なかった」というお声をよく聞きます。
どうしたら、きちんと最期まで在宅で過ごすことができるのでしょうか。
どこで診療が受けられるかなど、悩んでおられる方は多いかもしれません。
在宅での緩和ケアも行いつつ、年間およそ250名の方のお看取りをしている、しろひげ在宅診療所院長「山中 光茂 先生」に詳しくお話を伺いました。

今月のトピックスは「自宅での看取り ここが知りたい Q&A」
自宅でのお看取りを選択した場合、考えないといけないこと、不安なことはたくさんあります。
よくあるケースを取り上げながら、しろひげ在宅診療所院長「山中 光茂 先生」に解決方法や考え方を伺いました。